【ブロックチェーン】Dapp.comとは?Dappの魅力について

2019-10-13 11:21:20 · 337 views · 3 min read

 

 

 

電子機器, 回路 が含まれている画像

自動的に生成された説明

 

■Dapp.comってなーに

 

なんかよくDappsとかDAppsとかDappなんかいろんな表記がされるんですが、全部ひっくるめて同じ意味です。

 

Dapps=Decentralized Application (分散型アプリケーション)のこと。

ブロックチェーン上で、誰かが管理していなくても自律的に動くように設計されたアプリで、たとえばゲームとか取引所アプリとかウォレットアプリとかゲームとかゲームとかいろんな種類のアプリがあります。

 

ゲーム、好きですよね。おもしろいですよね。

私はスマホがAndroidなのでアプリのダウンロードにはGooglePlayを利用しているんですが、そのDapps版がこの「Dapp.com」っちゅーことです!

 

つまり、Dapps.comにはいろ~んな魅力的なアプリがあるってこと!(・∀・)
 

■Dappって何がおもしろいの


 

フーン、アプリがいっぱいあるんか~ブロックチェーンが関わってるんか~

 

というニュアンスはお分かりいただけたかと思いますが、実際にこれっておもろいの?という疑問が浮かびます。

 

だって、Apple StoreでもGooglePlayでも、すでにおもしろいゲームアプリっていっぱいありますよね。

 

ゲームだけじゃなく、たとえば知育アプリとかお小遣い稼ぎができるようなサービスが配信されるアプリとか、お店のアプリとか。

 

なぜそれをあえてブロックチェーンを使って、Dappという形にするのか。

 

んじゃ、「マイクリ」というDappを例に見てみましょう。

 

 

●My Crypto Heroes

マイクリプトヒーローズ、略してマイクリ。(ポケモン風語り)

歴史上のヒーロー(ナポレオンとか、アインシュタインとか、源義経とか)をキャラクター化して、プレイヤー同士で対戦したり、ダンジョンを制覇してアイテムを手に入れたりするゲーム。

このヒーローたちは、なんとプレイヤー同士で実際に売買が可能なんです(゜Д゜)

 

…できるか!?

 

GooglePlayやApple Storeにあるゲームで、メルカリとかじゃなくゲームで楽しい~って言いながら遊べるアプリ、あるか!?

 

これが、ブロックチェーンを利用する大きな特徴・メリットです。
 

■ブロックチェーンについて

 

チェーン, 金物, トグル が含まれている画像

自動的に生成された説明

 

ひとくちにブロックチェーンとは言っても、いろんな種類があります。

Dapp.comで対応しているブロックチェーンはコチラ。

 

・イーサリアム(Ethereum)

・イオス(EOS)

・トロン(TRON)

・イオス(IOST)

・トモチェーン(TomoChain)

・スティーム(Steem)

・クレイトン(Klaytn)

・ネオ(NEO)

・ブロックスタック(Blockstack)

 

このようなブロックチェーンがあり、それぞれのチェーン上でアプリがすでにバキバキ稼働しています。

 

特に多いのは、ぶっちぎりでイーサリアム。

日本でもよく取引されている仮想通貨(ETH)なので、広く知られています。

単純に、イーサリアムが他より「早かった」ということも理由のひとつではないかと思われます。(始まりは2015年)

 

 

先ほどもお話ししましたが、GooglePlayなどで展開されているアプリと違って、Dappというかたちでブロックチェーンを使う理由としては…

 

・やり取りが記録される

・改ざんされない

・アプリ内で売買が可能に

・国境関係なし

 

人と人とのやり取り(売買含む)を管理しようとすると、とっても面倒なもの。

 

でも、Dapp(分散型アプリケーション)であれば特定の誰かが管理する必要はありませんし、やり取りはすべてブロックチェーンに記録され、改ざんされることもない。

国境関係なく、世界中の人とアプリを楽しむことができます。

 

また、マイクリのキャラクターを実際に売買できるように、「お金」の魅力が大きく絡むのも事実。

 

さまざまなDappを通じて利益をあげられたという方は多く、ゲームをプレイしながら稼ぐことも可能…という、まさに夢のようなアプリです。

だからこそ、人気のDappには「ギャンブル」のジャンルが多いんですね~。

 

デメリットとしては基本的に英語なので、そこのところを少しずつ勉強しつつプレイしていく必要があるくらいでしょうか…。

 

■例:TomoChainのDapp

 

Dappで今のところ強いのはイーサリアム!

イーサリアムのDappで有名なのはマイクリ!

…ということでMy Crypto Heroesについてご紹介しましたが、その他のDappも魅力的なものが多くなっています。

 

たとえば、TomoChain(トモチェーン)というブロックチェーンのDapp。

 

種類はまだイーサリアムに及びませんが、マスターノードへの投票が可能なTomoMasterのほか、ギャンブルをしながら利益をあげられるTomoWin、分散型取引所(DEX)のプラットフォームであるTomoSwapなど、とにかくいろんな種類のDappがあります。

ルーレット, 物体 が含まれている画像

自動的に生成された説明

 

今後、Dappを展開できるブロックチェーンがまた増えていくこと、そしてそこに作られるDappの数がどんどん増えていくこと、Dappを利用するユーザーが増えていくことは確実でしょう。

単純に遊ぶもよし、気になるプロジェクトに関連したウォレットアプリや取引所アプリを利用するもよし、ギャンブルでいっちょ稼ぐかと利用するもよし、Dappの使い方は無限大です。

 

乗り遅れるな、このビッグウェーブに!
 

■Dapp Storeと$DAPPTの存在、Dappの今後

 

最後に。

 

このDapp.comによって作られた「$DAPPT」というトークンの存在について。

 

DAPPTはイーサリアムのブロックチェーン上で作られているトークン(仮想通貨)なのですが…

 

・手数料の割引

・Dapp.comに新しく登場させるアプリの投票権

・自分がDappを作ったとき、DAPPTを預け金にしてリリース

 

など、Dapp.comを巡って潤いを持たせるよう作られています。

 

人 が含まれている画像

自動的に生成された説明

また、もっとカンタンにアプリを探したり、ゲームを始められるようにと開発が進められているDapp Storeについて。

 

AndroidとiOSのアプリだと、ゲームを探してサクッとダウンロードしてインストールして…という簡単な工程で利用することができます。

 

でも、Dappは?

仮想通貨のやり取りに必要になる秘密鍵の管理だ~アドレスだ~ウォレットを作らなくちゃならないだ~と、やることがたくさんあります。

これではめんどくさい!!と、Dappが広まりにくくなってしまいますよね。

 

そこで、Dapp Storeの出番です。

 

Dapp.comにログインして、トークン(仮想通貨)をDapp Storeに送るだけですぐに利用可能になるというもの。

 

Dapp.comに作ったアカウントが親となり、さまざまなブロックチェーン上に展開されているDappをあれこれプレイすることができるんです!便利。

 

すでにテストが行われており、開発が進められています。

 

Dappに興味があるけど、使い方がわかりにくい・お金(仮想通貨)をなくしてしまうのでは?という不安を払拭してくれるものとなっています。

 

ということで!

 

Dappには魅力がたくさん。

 

今後Dappの数も、Dappを展開できるブロックチェーンも、そしてアプリを楽しむユーザーの数も増えるでしょう。

 

Dapp.comでは、いつでもDappの新鮮な情報をキャッチすることができます!

 

今のうちに、魅力的なDappを見つけておけば、いわゆる先行者利益も…ゲホンゲホン。

 

By [email protected]仮想通貨ママコイナー

Dapp
Vote
Comments Write Comment
Currently there are no comments for this article. Would you like to be the first to write one?