【Dapp.com】2019年Dappマーケットレポート

2020-01-20 20:00:00 · 2761 views · 6 min read

マーケット全体について:

  • 2019年、9つの主要なブロックチェーンからのネイティブトークンの合計取引高は100億米ドルに達しました。(非ネイティブブロックチェーントークンを除外した数字です。例: ERC-20トークンのトランザクションなど) これは、2018年と比較して58.5%増加しています。

  • 2019年にこれらのブロックチェーン間で32.6億以上のトランザクションがあり、そのうちEOS上のEIDOSだけで2,386,915,405トランザクションを占めていました。EIDOSを除くと、残りの2,216個のアクティブなdappが2019年に8.72億件のトランザクションを生成しました。

  • 2019年のアクティブなdappユーザーの数は、2018年に比べて倍増し、148万人から311万人になりました。また、この一年で新たにdappを始めた新規ユーザーは277万人です。多くのdappsにとってユーザー維持率は依然として問題です。2019年にアクティブだった既存ユーザーは34.8万人のみで、すべてのアクティブユーザーの11%に当たる割合です。


 

  • 金融サービス(例: レンディングdapps)は、2019年に最も印象的なユーザー成長を遂げました。(注: 分散型取引所と金融dappsは、一般にDeFi dappsとして一緒に定義されることに注意してください。ただし、このレポートでは2つのカテゴリを分離して集計しています。) 金融dappユーザーの数は610%増加し、取引量は251%増加しました。

  • ギャンブルdappユーザーの数は372%増加し、その合計取引高は2倍になりました。ハイリスクdappユーザーの増加量も372%で、そのボリュームは218%増加しています。

  • 2018年以降、予想されたように、ブロックチェーンゲームユーザーの総数は162%の大幅な増加を示しています。グルーバル市場をターゲットにしたより多くのゲームが発売されています。ただし、dappゲームの投資のハイプ(またはプレセールのハイプ)は弱まり、そのボリュームも大幅に減少しました。2018年と比較して60%の低下です


 

  • 2019年には、6つのスマートコントラクトプラットフォームでローンチされた合計1,445の新しいdappsが登場しました。そのうち690はEthereumベースで、411はTRONで構築されており、これは他のプラットフォームよりも先を行っています。EthereumおよびTronのアクティブなdappユーザーの数も、EOSとの間に大きなギャップを形成し始めています。

  • EOS dappsは50億ドルの取引高を生成しましたが、これは総取引高のほぼ50%であり、EthereumとTRONを上回り、2019年にトップになりました。

  • Ethereumの年間アクティブなdappユーザー数は140万人を超えています。これには、128万人の新規ユーザーと13.7万人の既存ユーザーが含まれ、アクティブユーザーの合計量の10%を占めています。TRONは6つのブロックチェーンの中で最も低く、2019年の96.7万人のアクティブなTRON dappユーザーの合計のわずか2%だけが2018年にアクティブでした。

  • EOS dappは、すべてのプラットフォームの中で最も高いアクティブ度があります。493個のdappのうち479個がアクティブで、97%に達しました。 Steem dappsのアクティブ度は2番目に高く、87%でした。EthereumとNeoのダップは、それぞれ最低のアクティブ度を持つ2つで、それぞれ62%と62.5%でした。


 

  • TRONのメインネットアカウントの数は、TRC-20標準USDTの発行やサムスンおよびOperaからのサポートを含むパートナーシップへの取り組みにより、3,261,492の新規アカウントを記録し大幅に増加しています。Tetherのデータによると、TRONベースのUSDTの数は9億ドルを超えました。これは、USDTの総供給量の20%近くです。

  • レポートに含まれる6つのブロックチェーンの中で、EOSはメインネットアカウントからのdapp使用率が最も高く、48.91%でした。これは、アクティブ化された2つのアカウントごとにEOS dappを使用するアカウントが1つあったことを意味します。

  • 6つのブロックチェーンの中で、dappはNeoユーザーにはあまり有利ではありませんでした。 Neo dappsとトランザクションを行った2019年のアクティブアドレスは10%未満でした

  • 2019年、ギャンブルとハイリスクdappは、デベロッパーにとって最も人気のある分野であり、900以上のdappが公開されました。ギャンブルの新規ユーザーの増加は最も多く、110万人を超える新規ユーザーがいます。ギャンブルdappは、100万人を超える新しいユーザーがいる唯一のタイプのアプリケーションで、2018年のイーサリアムのdappユーザーの合計数を超えています。

  • DeFi dapps(金融dappsおよびDEXs)は、dappエコシステム全体で2番目に大きいカテゴリのdappであり、2019年には合計100万人以上のアクティブユーザーがいました。

  • ハイリスクdappsのユーザー維持率は最低値です。同カテゴリのdappに2019年参加しているのは、2018年の既存ユーザーのうち2%だけです。

  • 2019年の最初の3四半期では、アクティブユーザー、トランザクション、および出来高の数は、4月以降わずかに減少傾向でかなり安定していました。

  • EOSでEIDOSが起動されてから、第4四半期に変化が起こりました。 トランザクションの数は、開始以来4倍以上増加しており、EOSエコシステム内の他のdappおよびdappユーザーに大きな影響を及ぼしました。以下のEOSセクションで、EIDOSの影響をさらに分析します。

 

  • すべてのカテゴリの中で、2019年にユーザーを失ったのはソーシャルdappのみでした。また、ゲームdappはトランザクション量の点で最も減少したものでした。2018年と比較して、ゲームdappの取引高は約64%減少しました


 

  • 2019年末までに、2018年に公開された1,468個のdappのうち199個のみがアクティブのままです。 2018年の新規dappsの1年生存率は38.2%でしたが、2019年の新しいdappsの1年生存率はわずか31%です。

  • ギャンブルdappは、他のdappの中で最もアクティブなユーザーが多いものです。デイリーアクティブdappユーザーの50%がギャンブラーであり、アクティブユーザーの総数のほぼ40%がギャンブルdappユーザーでした。

  • このチャートから、EOSが2019年11月以前に最もアクティブなユーザーを持ち、1日の平均アクティブユーザーが79,749人であることがわかります。しかし、その数は1日あたり15,363ユーザーに減少し、80%以上減少しました。TRONは、11月以降、デイリーアクティブユーザー数が最大のブロックチェーンになりました

 

Ethererum: 

  1. アクティブなEthereum dappユーザーのほぼ半数が2019年にDeFi dappを使用しています。ネイティブETHトークンによって生成される取引高の70%は、分散型取引所と、融資などの金融サービスの使用でした

  2. Ethereumは依然としてゲーム開発者にとって最初の選択肢です。2019年、ETHには20万人以上のゲーマーがいましたが、これはEOSゲーマーとTRONゲーマーの合計の2倍でした。

 

EOS:

  • EIDOSが11月1日に公開された後、1日のアクティブなdappsの平均数は192から135.5に変わりました。これは30%の低下です。

  • 11月以前は、EOSはデイリーアクティブユーザーの数が最も多いブロックチェーンでした。 EOSで毎日平均80,000人(79,749人)のユーザーがdappsを使用しています。 EIDOSが開始されて以来、EOSのDAUは平均15,363に劇的に低下し、80%減少しています。

  • EIDOSの2019年のユニークなオンチェーンユーザー(EIDOSマイニングに参加した)は14,606人で、EOSのアクティブユーザー全体のわずか2.8%でした。しかし、それは2019年のEOSの取引総額の85%に貢献しています。

  • EOSエコシステムは、2019年第4四半期に大きな損失を被りました。EOSbet(Earnbet)、Prospectors、Karmaなど、EOS上に構築された主要で最もアクティブなdappsのほとんどは、新しくリリースされたWaxブロックチェーンへの移行を発表しました。

 

TRON: 

  • 2019年、TRONは正式にdappとアクティブユーザーの数で2番目に大きいdappエコシステムになりました。これはEthererumに次いで2番目です。 TRONは2019年に100万人近くのアクティブなdappユーザーを獲得しました。

  • ギャンブルdappsとハイリスクdappsは、依然としてTRONエコシステム全体を支配していました。アクティブユーザーと取引高の75%以上がこれら2つのカテゴリから来ました。

  • 2019年のTRONエコシステムには、ジャスティンサンの暗号通貨取引所Poloniexへの投資と、Bittorrentによる世界最大の分散型ライブストリーミングプラットフォームであるDLiveの買収という2つのマイルストーンがありました。SimilarWebのデータによると、DLiveの月間トラフィックは300万を超えています。また、買収の3か月前に、DLiveの400,000人以上のオンチェーンユーザーをLinoブロックチェーン上で記録しました。 2020年には、TRONのdappユーザーの多様性が期待されます。

 

完全なレポート:

 

Market
blockchain
Comments Write Comment
Currently there are no comments for this article. Would you like to be the first to write one?
Register
Log In